プロミスの新たなスマホ専用カードローン・アプリローン

現在では老若男女を問わずスマホが利用されるようになっていますが、消費者金融からもスマホアプリが提供されています。

そして、消費者金融最大手のプロミスでは2017年から新しいスマホ専用のカードローンとして、Web完結の「アプリローン」が開始されました。

アプリローンの最大の特徴は、カードを使わずにスマホアプリでもってセブン銀行ATMからお金を借りられることです。

アプリローンの契約方法

アプリローンの契約は以下の手順で行います。

  1. プロミスの専用アプリをダウンロードします。
  2. 初めてプロミスに申込む場合は、「はじめてお申込みのお客様」を選択し、「新規お申し込み」をタップ、画面の指示通りに必要事項を記入て送信します。
  3. アプリの「書類提出」をタップし、免許証をスマホで写して画像を送信します。
  4. 審査が行われます。
  5. 審査結果の連絡がメールに入ります。
  6. メールに掲載されているURLをタップし、リンク先のページで契約手続きをします。

申込から契約手続きまでは、最短で1時間程度です。

セブンイレブンのATMで24時間の借入が可能

通常、Web完結の場合はカードが無いため、借入はすべて銀行口座への振込キャッシングになります。

そして、振込キャッシングで当日中に借入をするには、銀行の営業時間内である15時まで申込まなければなりません(プロミスの場合は、振込先が三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行だと24時間振込可)。

ところが、アプリローンはセブン銀行との提携により、カードが無くても、24時間365日セブンイレブンなどのATMで借入ができます。

従って、振込キャッシングの締切り時間に間に合わなくても、当日にお金を借りることができます。それは、QRコードを使って入出金処理が可能になったからです。

セブンイレブンATMからの借入方法

スマホアプリによるATMからの借入はセブン銀行ATMのみとなります。

  1. アプリを立ち上げてログインします。
  2. アプリの「スマホATM取引」をタップします。
  3. セブン銀行ATMの画面にある「スマートフォン出金・入金」をタップします。
  4. セブン銀行ATMの画面に「QRコード」が表示されます。
  5. アプリの「出金」をタップし、アプリの画面でATMに表示されているQRコードを読み取ります。
  6. アプリに「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が表示されます。
  7. ATMに「企業番号」、「ワンタイム暗証番号」の順に入力します。
  8. ATMに借りたい金額を入力します。
  9. お金と明細表が出てきます。

なお、入金の場合は「入金」を選択します。取引額1万円以下では108円、1万円を超えると216円の手数料が発生します。

まとめ

実は従来、プロミスにはカードローンの申込のためのアプリが提供されていましたが、以下の機能などしかありませんでした。

  • カメラ機能による写真データの送信
  • 返済シミュレーションによる返済額の計算
  • GPS機能による直近のATMやプロミス店舗の検索

従来のアプリでは申込から借入まで完結させることはできませんでしたが、新しいアプリでは全ての処理が可能です。

なお、アプリローンではその他、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージや、お得なクーポンの利用もできます。