SMBCモビットのメリット~銀行系のカードローンとの違い

SMBCモビットは、カードローンの大手として有名ですが、同じ系列で三井住友銀行が運営するカードローンもあります。

この二つ、同じグループ内で競合する分野ですが、違いはあるのでしょうか。

SMBCモビットのメリットについても触れながら、違いについて説明していきます。二つの金融機関が近くにあり、どちらにするか迷っている方に対して参考になれば幸いです。

SMBCモビットのメリット1~Web完結申込

SMBCモビットは三井住友銀行の系列ではありますが、ノンバンク系の金融機関、つまり消費者金融業者です。

契約時には勤務先に電話連絡をしたり、自宅へ郵送物を送ったりする(カードローンのカードなど)こともあります。

必ず返済するとは言え、消費者金融からの電話や郵送物が届くと勤務先の同僚や家族に何となく印象が悪いです。

しかし、三井住友銀行の預金口座を作っておくと、Web完結申し込みを行うことによって、それらの連絡や郵便物が無くなります。

周りの印象を悪くすることなく、お金を借りられるのでメリットは大きいです。

SMBCモビットのメリット2~スピード

SMBCモビットは、消費者金融のメリットである迅速な融資が可能になっています。

ネットのカード申し込みを行いコールセンターへ電話することで、最速30分以内に審査が完了し、ネット振り込みでのキャッシングができるようになっています(最短3分)。

つまり、1時間程度の時間があれば、迅速に希望する金額の融資を受けることができるのです。

融資と言うと下手をすれば数日から数週間かかることも少なくありませんから、スピードは大きなメリットではないでしょうか。

SMBCモビットと銀行系(三井住友銀行)のカードローンの違い

一番は審査時間の違いです。

三井住友銀行はあくまで銀行ですから、慎重に審査を行うためSMBCモビットのように1時間程度で入金が完了するということは、なかなかありません。

それに、三井住友銀行は最低融資金額が10万円以上(SMBCモビットは1万円以上)なので、借りる時はまとまった金額が必要になります。

逆にSMBCモビットのデメリットもあります。

法律で消費者金融は年収の1/3以上の金額を借りることができません。つまり、年収が120万円程度の方では40万円程度の融資が限界になります。

反対に三井住友銀行の場合は、そういった縛りがないため、100万円近い融資を受けることも可能なのです。

また、金利もモビットが最大18.0%、三井住友銀行が14.5%になっていて若干モビットの金利が高くなっています。しかし、スピード審査に勝るメリットは無いのではないでしょうか。

まとめ

スピード審査と、手軽な金額が借りられるSMBCモビットとまとまった金額を借りられて若干金利が安い銀行系カードローン、良い点悪い点はありますが、手軽さやスピードに勝るメリットはありません。

また、Webで申し込みを行えば、誰にも知られることなく融資が受けられるという秘匿性も特徴と言えます。このようにメリットをうまく利用してSMBCモビットを利用すると良いのではないでしょうか。