銀行系カードローン~みずほ銀行の場合

消費者金融や銀行が行うカードローンと言うと、どうしてもモビットやアイフル、アコムなどのノンバンク、銀行系と言うと多くのノンバンクを傘下に持つ三井住友銀行や新生銀行というイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、金融業務全体を見た場合、日本有数のみずほ銀行を忘れてはいけません。みずほ銀行も他の銀行と同じくカードローンを取り扱っているのです。そこで今回みずほ銀行のカードローンについてまとめてみました。

みずほ銀行のメリット~金利が比較的低い、融資を受けられる上限が高い

みずほ銀行の金利は2.0(800万円融資時)~14.0%(10万円以上100万円未満融資時)です。

大手の消費者金融のアコム(3.0~18.0%)、プロミス(4.5~17.8%)、アイフル(3.0~18.0%)、同じ銀行系である三井住友銀行のカードローン(4.0~14.5%)よりも低い金利です。

消費者金融はおろか、同じ銀行系のカードローンよりも金利が低いのはメリットと言えます。また、消費者金融の場合、法律で年収の1/3以上の金額の融資が行えないのに対し、銀行にはそういった縛りがないので、希望する額に近い金額の融資を受けやすいという特徴もあります。

みずほ銀行のメリット~自動融資サービスの存在

みずほ銀行のカードローンには自動融資サービスが存在します。

これは万が一自動支払いの引き落とし額が預金額を上回り、引き落とし不能を防ぐサービスです。

みずほ銀行に口座を持っている場合のみ発動するサービスですが、これにより家賃や公共料金の引き落とし不能を回避できるというメリットがあります。

ただし、自動で「貸し出す」サービスになるため、当然利子が発生し、返済時は融資額よりも多い金額を支払うことになりますので、注意が必要です。ただ、早めに返済すれば、大変便利なサービスと言えるのではないでしょうか。

みずほ銀行のデメリット~スピードに欠けるなど

みずほ銀行のカードローンは、多めの金額を借りることができますが、審査には慎重な検討が行われます。

インターネットや郵送(メールオーダー)、銀行窓口など様々な契約方法がありますが、いずれも時間がかかり、早くて1週間程度(それより早い場合も、もちろんあります。)、遅くて1か月以上(インターネットで口座を開設し、インターネット上で契約を行った場合)の時間がかかります。

これは極端な例だとしても消費者金融よりは時間がかかってしまうのがデメリットです。また、みずほ銀行に口座がないと開設できないというデメリットもあり、カードローンを申し込む場合、口座がないと新たに口座開設を行う等より時間がかかります。

まとめ

みずほ銀行のカードローンは、消費者金融や他の銀行と比較しても低い金利を持つ反面、融資を受けるまでの時間がかかるなどデメリットもありますが、うまく付き合うことで比較的低い金利でのカードローンを受けることができるという大きなメリットを享受できるのです。

審査が通ればより大きな金額の融資も受けられますし、長所を見極めて利用されるのが良いと考えます。