専業主婦はカードローンで借りることができる?

仕事に付いていない専業主婦は、消費者金融でお金を借りることができるでしょうか。
結論から言うと、現在の法律のもとでは貸してもらえません。
貸金業法では、年収の3分の1までは借入可能となっていますが、年収ゼロの人は借入可能な額もないからです。
それでも、専業主婦がお金を借りたいときはどうしたらいいのでしょうか?

専業主婦は銀行カードローンで借りる

貸金業法が適用されるのは、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などです。
銀行は、銀行法に基づいて貸付けをしていますので、貸金業法は関係ありません。
最近は銀行も、個人向けの貸付け抑制に舵を切りましたので、徐々に難しくはなっているものの、専業主婦に貸してくれる銀行カードローンはまだあります。
イオン銀行や、楽天銀行のカードローンが有名です。ご主人が働いていることは絶対条件です。
自分の収入のない専業主婦の場合、限度額は最大でも50万円となっています。

配偶者貸付で借りる

貸金業法で、年収のない人には貸出しはできないのですが、例外もあります。
配偶者の同意の元、配偶者の収入を基準に専業主婦に貸し付ける方法は認められています。配偶者貸付けといいます。
これを申し込むためには、必要書類が多くなります。
配偶者の同意書、住民票です。
ただし配偶者貸付を実施している業者は、非常に少ないのが現状です。通販大手ベルーナの子会社、ベルーナノーティスなどが比較的知られています。
大手では消費者金融ではなく、信販会社の「セディナ」が唯一これを実施しています。

専業主婦が借り入れる他の方法は?

お金が必要なら、ご主人が借入れをするというのが簡単な方法です。
夫が妻のためにお金を借りるのは合法であって、名義貸しではありません。
もうひとつの方法は、専業主婦でなくなることです。
アルバイトでもパートでも派遣でも、勤めに出て給与収入があれば、その年収の3分の1までは借入れ可能となります。
収入は給与収入に限りません。クラウドソーシングで内職したり、アパートを持って家賃収入を得るなどの方法でも構いません。
ただ、審査に通るかどうかはまた別の話です。

まとめ

専業主婦の借入れ方法を見てきました。
合法的に借り入れるためには、銀行カードローンや、配偶者貸付を利用しましょう。
そして、夫が夫名義で借り入れるという方法もあります。
いずれにしても、専業主婦にもどんどんお金を貸してくれる時代ではありません。借金するときは、夫に隠れてしようとは、しないほうがいいでしょう。